top of page
検索
  • 執筆者の写真仁 高橋

もりの回覧板2022 vol.2

更新日:2022年5月25日

■ペットとの約束ごと

「ペットはぬいぐるみではなく命ある生き物です。 人と同じように病気にもかかります。年も人の数倍の スピードで老齢化します」しかし、飼い主の身勝手な事情により、保健所には数多くの犬や猫等が持ち込まれています。

 また、家庭から迷い出てしまった迷子の仔達も連れてこられます。これらのペットは動物収容施設に集められ殺処分されます。十数年前は年間70万匹超でしたが、近年においては10分の1以下に減少しました。保健所職員のレポートを引用します。

「収容された仔が嬉しそうに尻尾を振って寄ってきた。 皆、一度は人に愛された経験があるはずです。そのまなざしには、人を信頼し、好きでたまらないといった 感情が溢れていた。ペットは一度飼われたら、死ぬまで飼い主を忘れません。飼い主に連れられてきても、 迎えにきてくれるのを、じっと待ってます」と職員は静かに話した。

生き物は必ず死を迎えます。最後の日 を迎える迄、飼うことがルールであり、ペットと共に生活する最低限の約束ごとだと思います。

発行 (株)どうぶつの杜     

閲覧数:482回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国際ペットワールド専門学校様訪問

先日、国際ペットワールド専門学校様へ訪問させていただきました。 こちらの学校は新潟駅から徒歩5分にある動物系総合専門学校です。動物系全ての学科で動物の「動物看護」「愛護・福祉」「美容」「しつけ」の基礎をすべて学べます。 田中校長先生に面会させていただきました。校長先生は親切丁寧に学校の特色を説明され、その後学校内施設についても案内して下さいました。 校舎内は各フロアごとにトリミングや、リハビリ、ド

bottom of page